GUIDELINE大会要項

1. 主催

ミズノ株式会社Mizuno OMOTENASHI Cup Japan実行委員会

2. 後援

由利本荘市由利本荘市体育協会公財)秋田県体育協会由利本荘市商工会秋田県バドミントン協会

3. 協力

東北シニアバドミントン連盟

4. 期日

2019年5月3日(金)~5日(日)

5月3日(金)8:00受付第1会場・第2会場
 9:00競技開始第1会場・第2会場
5月4日(土)9:00競技開始第1会場・第2会場
5月5日(日)9:00競技開始第1会場のみ
5. 会場

<第1会場>

ナイスアリーナ(由利本荘アリーナ)

秋田県由利本荘市石脇字田尻野18TEL 0184-22-0001

<第2会場>

由利本荘市ぽぽろ健康運動公園総合体育館

秋田県由利本荘市岩谷町字西越62TEL 0184-62-0500

6. 種目

男子ダブルス(MD) 女子ダブルス(WD) 混合ダブルス(XD)

合計 70歳以上の部 (各人最低30歳以上であること)

合計 80歳以上の部 (各人最低35歳以上であること)

合計 90歳以上の部 (各人最低40歳以上であること)

合計 100歳以上の部 (各人最低45歳以上であること)

合計 110歳以上の部 (各人最低50歳以上であること)

合計 120歳以上の部 (各人最低55歳以上であること)

合計 130歳以上の部 (各人最低60歳以上であること)

※上記年齢は2019年4月1日時点のものとします。

※1人2種目までエントリー可能です。(男子ダブルスと混合ダブルス、または女子ダブルスと混合ダブルスへのエントリーは可)ただし、同一種目内で複数の年齢カテゴリーにエントリーすることはできません。

7. 募集人数

男子ダブルス : 各部36組

女子ダブルス : 各部36組

混合ダブルス : 各部72組

※一部、海外からの招待選手の参加を予定しています。

※参加申し込み状況により主催者の判断で追加参加を認める場合があります。

8. 競技規則

2019年度(公財)日本バドミントン協会競技規則並びに大会運営規定に準じて行います。

9. 競技方法

予選リーグ戦後決勝トーナメント方式

10. 使用シャトル

(公財)日本バドミントン協会 第一種検定合格球(ミズノ)

11. 参加資格

オープン大会につき協会登録の有無は問いません。

各部の年齢制限(合計年齢および最低年齢)に従ってお申し込みください。

12. 組合せ

主催者側で行います。

13. 参加料及び支払い方法
参加料
ダブルス1組 10,000円(記念品付)
支払い方法
下記口座に振り込んでください。
一度振り込みされた参加料は、理由を問わず返金できません。

銀行名:ゆうちょ銀行

口座名義:Mizuno OMOTENASHI Cup Japan実行委員会

【ゆうちょ銀行からの振り込みの場合】

記号:10320
番号:95572171

【他金融機関からの振り込みの場合】

店名:〇三八
店番:038
預金種目:普通預金
口座番号:9557217

※振込の際は、必ず選手名と県名を入力してください。

納入期限 : 2019年2月28日(木)迄 納入確認にて受付完了とします。

14. 申込期間

2018年12月25日(火)~2019年2月28日(木)

受付期間内での先着順方式とさせていただきます。

エントリー受付状況は大会公式サイトにて随時更新します。

15. 申込方法

大会公式サイトからお申込みください。

16. 表彰

各種目・各部毎に1位~3位を入賞者とし、賞品を授与します。

※3位決定戦は行いません。

17. 宿泊・弁当の斡旋

宿泊・弁当を斡旋します。大会公式サイトに掲載の宿泊要項をご覧ください。

※宿泊要項は準備中です。しばらくお待ちください。

18. 審判

予選リーグ戦は各グループ内審判とします。

決勝トーナメントは敗者審判としますが、準決勝および決勝は主催者側で審判を手配します。

19. 着衣

(公財)日本バドミントン協会の審査合格品の着用を推奨します。

上衣の背面には、都道府県名またはクラブ名を明記してください。

海外選手へは当日ゼッケンを配布します。

20. 代表者会議

代表者会議は行いませんので、当日各会場に直接お集まりください。

21. 問い合わせ先

Mizuno OMOTENASHI Cup Japan実行委員会:事務局

〒331-0812埼玉県さいたま市北区宮原町3-276-4

■電話:048-664-5224■FAX: 048-778-5090

問い合わせはこちらから

22. その他
  1. 申込書に記載された個人情報は大会運営にのみ使用し、組合せ及び大会結果は大会サイトに掲載されます。
  2. 主催者は損害保険に一括加入します。(個人負担はありません)保険の適用範囲は契約内容に基づきます。
  3. 大会期間中の競技時の傷害、疾病等の応急処置は主催者側で行いますが、その後の責任は負いません。
    尚、参加者は健康保険証を持参してください。